薔薇には
『気分の和み』『心の癒し』『気の活性化』
といった、心に潤いをもたらす視覚的効果があります!

昔から「病の時に花を贈る」事は、病により滅入る気持ちを『癒やす』行為から
しかし昨今、病院などで感染による理由から生花の持込みを禁止している場が多くなりました。
そのような場面で、拭くだけ手間いらずなボトルフラワーが喜ばれております。
花瓶や水の世話がなく、その場に置くだけで生花と同等の美しさを鑑賞できます。

女性にとって嬉しい事『女性ホルモン』の活性化
女性ホルモンが低下すると、自律神経・イライラなど精神的な問題が起こります。

「でも、薔薇の香りやサプリメントに効果があるんでしょ」と思われているのでは~

いやいや・・薔薇を見る事にも活性化の効果!
薔薇は、香る・食す・見る事により女性ホルモンの活性化に役に立っているんです

薔薇を愛した代表的な女性達『クレオパトラ』『マリーアントワネット』といった...女性ホルモン溢れる魅力的な女性達!

薔薇の人口交配で有名なナポレオンの妻『ジョゼフィーヌ』!
ジョゼフィーヌが依頼して描いたルドゥーテの【バラ図譜】は、今もバラの美しさを伝えています。